●資格試験を意識しましょう。

今後の大学受験では、資格の取得で、科目の受験免除が増えます。

資格の学習をすることで受験対策の知識も併せて得られます。

資格を受けることで目標が定めやすくなります。

●マンガ学習を活用しましょう。

学習は繰り返しが有効です。マンガは繰り返し読みやすいです。

マンガは読みやすく最初の1歩として最適です。

●エビングハウスの忘却曲線を意識しましょう。

情報を忘れるプロセスを時系列を含めて解き明かしたものです。

時間を置いて繰り返しテストを行いましょう。

●アウトプットを必ず行いましょう。

暗記した後は、テストをしないと記憶にほとんど定着しません。

読書した後は、内容を説明できるように機械を与えましょう。

●読書、遊び、運動をバランス良くさせましょう。

脳を成長に欠かせない活動です。

●一石二鳥を意識しましょう。

英語の例文の書き写しで漢字も学ぶなど効率よくさせましょう。

●5感を活用しましょう。

声に出して質問を自分になげかけその答えを発しましょう。

難しい参考の分はは、まずは書き写しましょう。

英語はCDを活用しましょう。

●どんどん先に進みましょう。

学校のカリキュラムにとらわれず、できることはどんどん前に進めましょう。

●何度も読みましょう。

1度読んでわかることは少ないです。

繰り返し読むことで理解や記憶の定着が図れます。

学習書は繰り返し読みましょう。

●創作活動を行いましょう。

物を生み出す人間の力を鍛えましょう。

●本物を見せましょう。

スポーツ、音楽、美術品、旅行など実際に見ることで刺激を与えましょう。

●狩猟採集民の生活を体験させましょう。

まだ人の中に強く残っている野生の本能を鍛えてあげましょう。

キャンプや釣り、果実、山菜と土地に行かせましょう。

LINEで送る
Pocket